フェラされたい

セックスさせろとは言わない。せめてフェラされたいんじゃ!と、私の心が叫ぶようになったのはいつの頃からだろう。それはおそらく、某大手電機メーカーにおいて「早期退職」と言うリストラがされた頃からだと思う。
私は実情は閑散とした部署に追いやられていた日陰者だったのだが、それでも部長と言う肩書を持っていて会社の知名度も相まって「まあ、あの会社の部長さん?」と女性たちに興味を持ってもらえる存在であり、黙っていても私の周りには女性が群がってきて、その手の行為には全く不自由しなかった。いわば私の肩書は「無料セックス許可証」のようなものだった。
しかし、今の私に「無料セックス許可証」はない。当然ながら、出会うきっかけも無くなり、在籍当時はあれだけ懇意にしてくれた女性たちも全く見向きもしてくれなかった。今さらながら許可証の効力を再認識した次第だ。
トイレフェラ
ならば「有料セックス」しか道はないのであるが、年金生活まであと10年以上はある。金銭的にもさすがに生活を考えなければならない立場だ。この年で再就職も厳しいだろうし、「無料セックス許可証」を発行してくれるような企業とはおそらく縁がない。せめて「無料フェラ許可証」くらいは手に入れたく、再就職を模索している日々なのである。
だが、セックスは無理だがフェラくらいなら何とかなるものなのである。私と同じように、せめてフェラされたいんじゃ!と心が叫んでいるジジイはいっぱいいることに気づいた。お金のかからない趣味として、サウナや映画に通いだした私はその現実を知った。そんなジジイは相手を求めて、私同様に常に股間をたぎらせている。
私はそのジジイたちの相手をすることに決めた。当然見返りも期待できる。まさにフェラされたい私にとってはギブアンドテイクだ。私はジジイ相手を続けるだろう、いつか、女性相手の「無料フェラ許可証」を手にするその日までは。
「寝言言ってないで、さっさとハロワ行ってこい!」と言う奥さんの言葉にようやく目が覚めた。道を踏み外すところだったかもしれない。
フェラ割
F割

パパ活掲示板

 あまり評判の良くないパパ活掲示板なのですが、私の場合はそれなりの出会いを見つけられました。
太パパとは、ちょっと違うのですが、でも満足出来る食事の付き合いをしています。

 パパ活掲示板って、本当に何気なく使ったという感じです。
実際にパパ活には成功したいと思ってはいたのですが、そんなに思いっきり激しく求める気持ちはあまりなかったのが良かっのかもしれません。
何となく、暇つぶしのような気持ちも心の中にはありました。
たくさんの投稿があるけれど、本当にパパになりたい人なのかな?
そういう疑問だってありましたから。
掲示板は無料で利用が出来るし、匿名性も高い。
登録しなくてもいいから、暇つぶしには丁度良いって感じもありました。
何気なく、投稿している男の人にメールしたり、私自身も掲示板に投稿したりなんてやっていたんです。

 やりとりになった人、40代でした。
それまでメールした人たちとは違って、あまりガツガツ感がなくて、面白いなと感じました。
本当にまったりと、1日何回かのメールの往復。
これがしばらく続くことになりました。
その後は無料通話アプリでお話をするようにもなりました。
パトロンとは救世主であると実感した1カ月に25万円の援助
少ないお小遣いだけど、出すことが出来ると提案されて、ご馳走になれるならって気持ちで食事デートのお付き合いを決めてしまったのでした。
支払い金額はあまり高くありませんでした。
8000円です。
それでも、ご飯も食べられるので、暇つぶしにいいかなという気持ちだったのです。

 待ち合わせした人は、通話した通りに悪い人ではありませんでした。
凄い富裕層というわけでもないみたい。
それでも、安心出来るものを持っている人だったから、お食事の時間は楽しめました。
月に1回か2回になるけれど、食事に付き合ってくれたら嬉しいって言われちゃって、支払いもあるから待ち合わせを続けています。
太パパではないけれど、パパ活掲示板でパパを発見。
本当にちょっとした小遣い稼ぎができています。
パトロンの意味
お金を助けます