32才独身男性ホテルマンの近所出会い体験

職場はスタッフも少人数で近所で出会いがなく、かといってプライベートにまで行動力を使う気力もあまりなかったので、いつも何となくインターネット上に近所の女性との出会いを求めていました。
自分がよく利用していたのはSNSのなかでも有名な「mixi」ですね。
とにかく人が多いですし、コミュニティなども活動が活発なところも多く、賑やかなイメージでしたので。
気になる女の子がいれば積極的にメールを送ったりしてました。

インターネット越しですと相手の雰囲気や性格は簡単なプロフィール程度ではあまりよくわからないものですが、その人の参加しているコミュニティを見てみれば、何となくですが考え方や趣味などが掴めます。
それらが自分とは全く異なる印象なら当然スルーですが、相性が良さそうならとりあえずマイミク申請のメールを送ったりします。
ちなみにマイミク申請が承認されれば、自分とその相手はマイミクとなり、自分のページの友人一覧などに表示されるようになります。
女性は特にそんな風なマイミク申請メールがよく来るようで、ほとんどは無視するらしいので、もし承認してもらえたのならそれはやはり相性が悪くはないということです。

マイミクになってからは、お互いの日記やつぶやきにコメントをし合ったり、メールで会話しつつ仲を深めていきます。
そんな感じでmixiでは今まで近所の5人の女性と2人きりで会いましたね。
一緒に食事をしたり、カラオケに行ったり、近場の公園を散歩したり、プラネタリウムなんかへ行ったこともありました。
そのうち1人とは付き合いました。
他の4人とは、実際会ってみるとまた外見や雰囲気が思っていたのと違ったりして続かなかったですね。

SNSで近所 出会いを探す場合は、いきなり1対1で会うなんてことも可能ですが、飲み会などを開催しているコミュニティに参加して、イベントのなかで好みの異性を見つけるほうがいいのかも知れません。